大坂撃破の東レ女王プリスコバが初戦敗退<女子テニス>

大坂撃破の東レ女王プリスコバが初戦敗退<女子テニス>

大坂撃破の東レ女王プリスコバが初戦敗退<女子テニス>

武漢オープン

女子テニスの武漢オープン(中国/武漢、ハード、WTAプレミア5)は25日、シングルス2回戦が行われ、第8シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)は世界ランク34位のワン・チャン(中国)に1-6, 6-3, 3-6のフルセットで敗れ、初戦敗退となった。
1回戦免除のためこの試合が初戦だったプリスコバは、11度のダブルフォルトをするなど精彩を欠き、2時間8分で敗れた。


23日に行われた東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2018(東京/立川、室内ハード、プレミア)決勝で大坂なおみを破り、同大会初優勝を果たした26歳のプリスコバは同日夜に武漢へ向かい調整していた。


同日の2回戦では第2シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)や、第3シードのA・ケルバー(ドイツ)、第5シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)、第14シードのG・ムグルサ(スペイン)らが3回戦へ駒を進めた。


第7シードで出場予定だった大坂は、ウィルス性疾患により棄権している。

ニュース配信元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00010007-tennisnet-spo

「大坂撃破の東レ女王プリスコバが初戦敗退<女子テニス>」への、ネット民の反応

  1. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 23:33:14 ID:62aaf296f

    満身創痍だったのかな。大坂戦でテーピングしてたし。プロテニスプレーヤーはスケジュール過密で、体調管理が大変だと思う。

  2. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:06:26 ID:87846ea44

    空気の悪い中国には用はない。

  3. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:18:53 ID:a94e44ba1

    フツーはこうなるよね。だから、大坂の準優勝がいかに凄いことだったと言う事だな。

  4. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:38:14 ID:94946a921

    大会でファイナルまで行っちゃうと休みが取れず次のツアーに向かいまた全力プレイ。疲労から怪我を招く選手も多い。大きな大会でポイント稼せげたら次のツアーをキャンセルとかよくあるし大会スポンサーがらみでキャンセルできずに参加しにくることもあるみたい。疲労による怪我をせずポイントを計算しながらシーズンを終えることが大事

  5. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 22:19:40 ID:9d64fdd66

    ここ暫くのグランドスラムの優勝者が全て違う。という群雄割拠の時代。真の絶対女王は今不在。大坂は間違いなくその候補の一人だが、東レPPの第2セットの様な崩れかたを見ると、まだ程遠いと言わざるを得ない。やっぱりまだメンタル面の強化が求められる。

  6. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 22:03:35 ID:7266da9f1

    いやあ、相手も強いとはいえ、まさかプリスコバがやられるとは。女子は戦国時代だねえ。

  7. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:56:29 ID:d7303ba98

    東レで決勝まで行って優勝したから、厳しい日程になっただけ。早くに負けていたら、余裕もあっただろうけど。そんなのは戦ってみないとわからないもんね。結果が出る前に大会にエントリーしているから、簡単にキャンセルも出来ないし。

  8. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:26:39 ID:c52397bf4

    試合の多い上位選手はこの時期疲れてるのかちょっと抜くのか早期敗退多いです

  9. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 22:00:25 ID:48fea5cd3

    伊達公子がランキング4位になった翌年引退した頃、ポイントランキングが始まった時だと記憶している。理由は、体力的にもたないだった。現在は各選手もどの大会にするか照準を決め、どの大会を出る出ない、調整の場にするとかしないとかしてる。 大阪なおみ選手も1回戦で終わってケースも多々。

  10. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:10:50 ID:be4d41b1b

    なんでこんなに過密なスケジュールを組むのかよくわからないな。休養を取ったり、じっくり練習したり、いろんな選手の動画を見て癖をつかむなどしたほうが上へ行けるような気がするけど…

  11. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:17:20 ID:5d49587cd

    かなりのハードスケジュール 移動だけでも 大変やのに。

  12. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:32:45 ID:ba8060e8a

    プリスコバもお疲れの様子しっぽり温泉にでも浸かって身体を労わって欲しいね

  13. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:31:13 ID:ad9a84b7e

    どんなスポーツでも同じで、一流になればなるほどその日により身体の調子が違う、なかなか難しいですな。スランプもあるし

  14. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 22:00:33 ID:d5a66ca9f

    難しいですね〜メンタル・フィジカル 揃わないと結果が出ない・・ 勝負の世界は 昨日と同じ事が出来ない。

  15. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:01:52 ID:344e6f4e2

    あの人に勝ったあの人がまさかの、、的な書き方多いけど、プロテニスの世界ってそうじゃないとおもうんだけどね。せめてテニスに携わった事ある人に記事書いて欲しいものですわ

  16. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:07:22 ID:f5fcec1a2

    疲れも相当あったでしょ

  17. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:56:38 ID:76582d231

    テニスて、コンディションの善し悪しで全然違うからね。格闘技のトーナメント戦に近い。

  18. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 22:06:37 ID:2665c2a1f

    セリーナがなぜGS23回もとれたか考えたほうがいい。マスターズとGSしかでてないからね試合数は他選手より圧倒的に少なく休養が多い

  19. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:10:57 ID:5a06d8f58

    東レでも、お疲れっぽかったなあ。決勝は大坂選手が更にお疲れだったけど、そこまで全試合ファイナルだし。かつて世界の伊達さんが、転戦の体力について語ってたのを覚えているが半端ないからな。GSでいいシードをもらうためにランキングはあげないといかんが、試合に出まくればいいというもんでもない。厳しい世界だ。

  20. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 22:25:28 ID:fbe6240ea

    本当にテニスプロツアーは日程厳しすぎ大坂もプリスコバも含め、トッププロでもツアーを連続で取るのはコンディション面で本当に難しいと思いしらされる

  21. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 23:15:47 ID:47f97d8bc

    テニスはハードなスポーツ。試合中にコートを全力で駆け巡り逃げ回りも時間稼ぎもできないうえ試合日程は過密を極める。こんな日数をおかない試合でベストコンディションの体調の維持なんて普通どんなアスリートでもむり。そう思えば東レでの大阪の準優勝は立派なもんだ。

  22. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:25:46 ID:b87d5b5ae

    やっぱり、海外遠征それだけで疲れるよね。。。って、超平民かぁ。

  23. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:17:21 ID:d4ca94a5a

    ほんと今の女子テニス界は安定して勝ち続けられる選手がいないな

  24. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:15:55 ID:181bb8a45

    精神面でも肉体的にも人以上に強い彼女も、結局「疲労」は蓄積されてる。だって人間だもん。

  25. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 22:10:01 ID:bfcf4ead2

    やっぱり連戦はきつそう。

  26. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 22:25:25 ID:d64042b7c

    東レの準決勝でフルセットでプリスコバに破れたベキッチも、韓国で優勝したベルテンスも初戦敗退ですよね。みんなお疲れです。

  27. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:16:59 ID:4aaf20b0e

    やっぱり疲れちゃったんじゃないかな足の具合も良くなさそうだったしね

  28. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:35:56 ID:c58e4f608

    プリスコバでさえ優勝した翌週はこうなるのか。全米で7連勝した後、東レで決勝まで進んだ大坂の凄さを改めて認識することになったね。来年、ランク1位が現実味を帯びてきたような気がする

  29. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:35:53 ID:715101870

    優勝者が次の試合で一回戦敗退ってテニスでは良くあるよね。

  30. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 22:36:45 ID:375142579

    そうだね、なおみも来年からは試合数絞ったほうがいいね

  31. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:53:32 ID:b517ebefe

    せめて初戦は突破してよー!

  32. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:36:11 ID:324bf3fbd

    緒戦でいきなり前週中国の別大会優勝してる現在中国No.1のワンだからね。厳しいと思ったよ。日本から移動してきた疲れ、ヨーロッパ選手のアジア転戦と比べて、母国ホームで2大会の中国選手が有利というのもあるはずだし。まあ、どの選手もすべては勝てないし大会緒戦はどの選手も厳しいからね。初戦敗退でも、レース相手の選手も負けたから、おそらくWTAファイナル出場には影響ないんじゃないだろうか。

  33. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:29:57 ID:47ab80da9

    それより最後の大坂なおみのウイルス性疾患が心配。

  34. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:49:38 ID:8fa15a167

    全米優勝しても次の大会では決勝戦で破れる、その優勝者は次の大会で初戦敗退、いかにプロテニスの世界が厳しいものか物語っていると思います。なおみさんもこれからも勝ち負けをいろいろ経験して進化していくと思います。なおみさんの時代は始まったばかり、常に前を向いていって欲しいと思います。

  35. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:00:03 ID:a77eb78d4

    なんかテニスってわからんスポーツだよな。まぁ、いつでも勝つ選手もいるけどさ。わからん、わからん。

  36. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:33:45 ID:502303745

    優勝すれば休養日が3~4日しかない。連続優勝することは奇跡みたいなものです。だからこそ大坂なおみの準優勝は素晴らしい。

  37. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 21:16:44 ID:2a56fb07b

    もう別大会の試合しとんのかい、大変やなテニス。

  38. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 20:16:21 ID:b9a502360

    強ければいつも勝てるという簡単なものではないんですね。大坂ちゃん休養取ったら頑張っていきましょう。

  39. 名前: 名無しさん 投稿日:2018/09/25 22:51:56 ID:795d6bac6

    大阪の準優勝は凄かったってことだよね

まとめ

大阪の準優勝は凄かったってことだよね

以上、大坂撃破の東レ女王プリスコバが初戦敗退<女子テニス>のまとめでした。


Source: Its a Sports World !
大坂撃破の東レ女王プリスコバが初戦敗退<女子テニス>